浮気の証拠について②

前回は「浮気の証拠を掴み目的を達成させる」について解説していきました。 今回は「目的」を達成させるには?どのようにするのか?を詳しく解決していきます。 最後に詳しく解説していきますが、離婚については問題なく成立出来ますが、しかし揉めた場合や、慰謝料請求・親権問題等には法律的な処置。つまり弁護士・行政書士にお願いし裁判を行うことがあります。裁判で勝つ材料として、今回詳しく解説していく「証拠」になります。 では、どのような「証拠」が裁判で有利になるのでしょうか? ・ラブホテルへの出入りの写真、映像 ・浮気相手の自宅、マンションへの出入りの写真、映像 ・浮気を認めた趣旨の録音音声 ・浮気を認めた内容の署名 上記4点が裁判になった際に有利とされている「証拠」となります。 これを一人で集めようとなると大変な労力に相手に気づかれて逆にご自身が訴えられてしまう、可能性があります。なので「証拠」を撮るプロ。つまり探偵がお客様の代わりに証拠を撮ります。 当社が発行する「調査報告書」は仙台の弁護士先生に好評を受けており、多くのお客様の「目的」を達成させていきました。 つまり「目的」を達成させるには証拠収集のプロ。探偵にご依頼するのが近道になります。調査に掛かる費用や調査費用、調査期間については当社スタッフが詳しくご説明させて頂きますので、ご安心下さい。調査終了後、探偵事務所より調査報告書がお渡しされいよいよ最終局面へと進んでいきます。 次章で目的を実現させる方法について解決していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする