生き別れた兄を見つけ出した相続人調査

依頼者様は宮城県刈田郡蔵王町在住56歳女性。1ヶ月程前に母親が亡くなられた。 遺産分割などの相続関係の整理に頭を悩まされていました。相続人はご兄弟と依頼者様含めて4人で決めることになっているのですが、相続人となる妹様と弟様は現在宮城県内にお住まいで連絡先・居場所が分かっています。残り一人の相続人となるお兄様がいらっしゃいますが何10年もの間会っておらず宮城県は愚かどこに住んで居るのかもまったく分からない状況で相続が進まないと依頼者様は悩んでいました。依頼者様は、知人がこの間同じような相続問題で相続人を見つけることが出来た話を思い出しました。まず依頼者様はネットで「相続人捜索 探偵」で検索しました。数ある宮城県内の探偵事務所のHPを見て当社に問い合わせをして、後日宮城県仙台市に在る当社事務所にお越しになった。

依頼者様から提供された情報 ・今回の対象者となるお兄様とは、家族の問題で10年ほど前から連絡取れなくなった。 ・以前住んでいた住所は宮城県大河原町に住んで居て、奥様とお子様二人居た。 ・昔から野球が好きで、休日にはよく草野球をやっていた。 これらの情報をもとに担当者と依頼者様は話し合いで決まった調査プランがコチラ 依頼者様:宮城県蔵王町在住女性(56歳)/ 対象者:お兄様(59歳)

調査期間:2週間/調査プラン:実働10時間パック / 調査料金:¥100,000

調査員は以前住んで居ると思われる宮城県大河原町のご自宅にお伺いした。調査員はインターホンを鳴らしたが、現在は違う方が住んで居ることが判明した。近隣住民に聞き込み調査を行ったが有力な手掛かりはなかった。次に調査員はお兄様が所属していた草野球チームにお伺いし話を聞いてみたが、当時対象者が所属していた頃に一緒に野球をやっていた方はいらっしゃらなかった。後日、情報提供をお願いしたチームの代表の方からご連絡があった。「他のチームに探して居る方を覚えている人いましたよ」との情報が入った。調査員は早速その方にお会いして話を伺った。 入手した情報がコチラ ・対象者は5年程前に宮城県大河原町から宮城県岩沼市に引っ越した。

・7年前に奥様と離婚し、現在は一人で暮らしているか、再婚しているかどうか。

・知人の方が一度だけ自宅に伺いした際に覚えている限りの住所や目印をメモして頂いた。

調査員は宮城県岩沼市に在る対象者宅と思われる自宅付近に向かった。調査員は近隣住民に聞き込み調査を行い、対象者は現在住んで居ることが判明した。調査員は自宅付近で張り込みを行い自宅から出て来た対象者の姿を撮影し、依頼者様に報告した。確認し対象者であることが判明した。 調査員は対象者に依頼者様から受け取った手紙を渡し調査を終了した。

後日依頼者様から当社にお手紙が届いた。 「今回は兄を見つけて頂き有難うございました。私自身ももう諦めかけていて今回相続の関係で再び兄を探すことになるとは思っていなかったので見つかったことが本当に嬉しいです。すぐに兄から連絡が来て、早速兄弟全員で会いに行ってきました。妹・弟も本当に喜んでいました。今回の件で、相続もスムーズに片付き、兄とも再会出来て本当に感謝の気持ちで一杯です。東日本総合探偵事務所の皆さん本当に有難う御座いました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする