熟年夫婦に起きた離婚問題

依頼者様は仙台市在住の52歳男性。ご家族は奥様と成人した息子様と娘様がいらっしゃいます。 現在お子様達はそれぞれ家庭を持っているので家を出ている。お子様達が家を出てからは奥様と二人で仙台市内から離れた田舎に住んでいる。依頼者様は長年勤めている仙台市に在る勤務先で部長として会社に貢献している。奥様はお子様達が手のかからなくなった頃から再就職し現在も仙台市内働いている。近所では仲良のいいおしどり夫婦として有名である。

そんなおしどり夫婦にある出来事が起きた。 それは奥様からの「離婚してほしい。」との一言だった。依頼者は「なぜ?今頃」と思ったそうだ。それは当然で30年以上も一緒に居て離婚することになるとは。 これがいわいる「熟年離婚」だ。 それから奥様はたまにご自宅に帰って来ることもあるが、息子様のご自宅で寝泊まりをしている様だ。依頼者は奥様に「離婚をしてほしい」と言われてから、奥様が自宅に帰ってきても言葉を交わさない日々が1週間以上続き「このままでは埒があかない」と思い、何が原因か調べ始めました。まず仙台市にお住いの息子様に「お母さん泊まりに来ている時の様子はどう?」と聞くと「子供達の顔を見てからは帰っているよ!お母さん家に帰ってないの?」とまさかの出来事に依頼者は言葉を失った。奥様から言われた「離婚してほしい」と言った理由に何か隠されているに違いないと依頼者は思ったそうだ。この出来事をきっかけに依頼者は一人悩む日々が始まった。

まず、依頼者様はインターネットで「仙台 浮気 離婚」を検索した。そこで気になることが分かった。 熟年離婚とは? そもそも熟年離婚の明確な定義はなく、一般的に結婚して20年以上たっている、50歳以上の離婚を熟年離婚と書いてあった。 依頼者様は「自分たちのことだ」と考えて、依頼者様は奥様との夫婦生活を振り返ることにした。結婚してから子育ては奥様に任せてばかりで仕事に一生懸命の日々を送っていたので家事を手伝ったことは記憶になく、奥様に迷惑を掛けていたのだと気が付いた。

依頼者様は奥様と話す機会を作ったが、奥様は「あなたが家事を手伝わないことが離婚する原因ではないから」と言われてしまいました。奥様との関係を修復しようとしたが失敗に終わった。 それから月日が流れ、奥様はとうとう荷物をまとめて家を出る準備をし始めた。 奥様は「息子の所でしばらく暮らすことにしたからあとは宜しく」と言われ自宅を後にした。

依頼者様は時間が経ってから息子様宅に電話を掛けた。「お母さんを宜しく頼む」と伝えたが息子様は「お母さん来てないけどなんの話?」と言われ依頼者様は驚きました。 以前、熟年離婚を調べた時に「女としてもう一度やり直したい」という理由が熟年離婚の原因になると、一文を思い出した。依頼者は「まさか浮気?」と浮気を疑い始めた。 依頼者様はインターネットで「探偵 仙台」と検索し、何社かのHPを見て当社が一番いいと思い相談にお越しになった。 担当者に「まず、奥様がどこで暮らしているのか判明してからスタートになりますのでこれから一緒に頑張りましょう。」と言われ依頼者様は奥様の浮気調査を依頼することになった。

依頼者様と決まった契約内容がこちら

依頼者:仙台市在住男性(55歳)/ 対象者:妻(55歳)/ 調査期間:1ヶ月

調査プラン:実働30時間パック / 調査料金:¥270,000

後日、依頼者様より一本の電話が鳴った。「今週の水曜日に自宅に帰るから鍵を開けといて」と連絡が来たとの情報を依頼者様から報告を頂いた。こちらが実際に行われた調査内容である。

本調査

調査員は仙台市内のご自宅付近で張り込みを開始した。対象者がご自宅から出てくるのを確認してから徒歩で仙台駅に向かった。その後、浮気相手と思われる男性の車に乗り仙台市宮城野区方面に向かったので調査員は車で尾行した。その後、仙台市宮城野区内にある浮気相手の自宅に入る姿を現認した。

調査結果

奥様は自宅を出た後、仙台市宮城野区内にある浮気相手の自宅で寝泊まりを繰り返していたことが判明した。 それ以降も仙台市内でデートする様子とラブホテルで宿泊する証拠を複数回入手した。 当社は浮気相手の氏名・住所・勤務先を調べて調査を終了した。

依頼者様は奥様が浮気をしている事実を知りショックを隠せない様子である。 恐らく奥様は、これまで旦那様を支えていたがどこかで糸が切れてしまって、ほかの男性に癒しを求める為に浮気をしていることが考えられた。これは熟年離婚の典型的なケースの一つだ。

依頼者様は今後どのようにすべきか担当者に話した。 担当者はこう答えた。

・奥様と離婚するのか?離婚しないのか? ・浮気相手に慰謝料請求を行うべきです。 依頼者様が出した答えは奥様と今後話して、やり直そうと考えている。浮気相手には許す気はないのできっちり慰謝料請求をして償ってもらうことを決めた。

担当者は依頼者様に熟年離婚に強い弁護士先生を紹介させて頂きました。依頼者様は弁護士先生の元にご相談に向かった。 弁護士先生より「あとは私に任せて下さい!」と言われ依頼者様はようやく落ち着くことが出来た。それから依頼者様は弁護士先生からの連絡を待った。 数か月後、弁護士先生から連絡が入り、先生の事務所を訪れた。 「相手側もなかなか承諾しなかったのですが、ようやく決着しましたよ。」と報告があった。 先生から言われた内容はこちら

・浮気相手側への慰謝料請求300万円 ようやく依頼者様の辛い日々が終わった。

後日依頼者様より、当社にお手紙が届いた。 東日本総合探偵事務所の皆様、この度は本当にお世話様でした。 私自身探偵さんにご依頼するのは初めてで不安な気持ちしかありませんでしたが、貴社に今の悩みを打ち明けたら凄く楽になり、真実としっかり向き合おうと決心がつきました。 あれから妻とは時間を取って話合いました。 妻も妻で我慢していたことが、分かりました。私自身も悪い点がこれまでたくさんあっと思います。今回の浮気調査を通して、これまでの夫婦関係を見つめ直すことが出来ました。

現在2人で、新しく農業を始めました。今はたっぷり時間があるので知り合った頃のように2人の時間を大事に使って残りの人生妻と一緒に楽しく過ごしてきたいと思います。

今回は本当に有難う御座いました。この数か月で色々なことをこの年で知ることが出来ました。 最後になりますが、これからも貴社のご活躍を願っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする