浮気証拠はどのようなケースが含まれるのか紹介します!

どんなものが浮気の証拠として有効?

配偶者の浮気が原因で裁判を起こしたり、慰謝料請求を行うにも不貞行為の証拠が必要になります。では、どのようなものが不貞行為を立証出来る証拠なのかご紹介します。

1. ラブホテルへの出入りの写真、映像 配偶者と浮気相手がラブホテルへ出入りする写真や映像は、その場所で肉体関係があった事を意味し不貞行為の証拠としては有力な証拠と言えるでしょう。もちろん確かな証拠とするにはラブホテルへ出入りする両者の顔が鮮明に映された物が必要となりますので御自身手その証拠を取るよりも探偵に依頼し確実な証拠を取る方が良いと言えるでしょう。

2. 浮気相手の自宅、マンションへの出入りの写真、映像 配偶者と浮気相手が浮気相手の自宅、マンションへ出入りする写真や映像もラブホテルへ出入りする写真や映像と同様に有力な証拠と言えるでしょう。ただし、ここで注意しておきたいのは1度の出入りする写真や映像では証拠としては弱い事です。何故なら「友達の家に遊びに行っただけ」等と言い訳をされる可能性があるからです。その為、より有力な証拠とする為には、対象者が頻繁に出入りしている事を証明する為、複数の写真や映像を取る他、浮気相手の自宅、マンションの明かりが消えた時の写真や映像を取ることが出来ればその場所に宿泊したと言えるため、強い証拠になります。

3. 浮気を認めた趣旨の録音音声 配偶者や浮気相手が浮気したことを認めた内容のボイスレコーダー等の音声も証拠となります。ただし、ここで注意しておきたいことは脅迫等行い自白を強要したり、盗聴等の違法行為をしたものは証拠として無効となる場合があります。そのような事をして得た証拠でなくても、配偶者や浮気相手が「脅迫されて浮気を自白した」等と嘘の証言をし言い逃れをする可能性もある為、あくまでも1つの証拠と考え他の決定的な証拠も取っておく必要があると言えるでしょう。 4. 浮気を認めた内容の署名 配偶者や浮気相手が浮気したことを認めた内容の署名も証拠となります。署名の内容としては、実際に不貞行為が行われていた期間や、不貞行為の回数、不貞行為が行われていた場所等が明記されており、捺印の入ったものが有効な証拠となります。ただし、ここで注意しておきたいことは「3」でも述べたように脅迫等行い強要したものは裁判で無効となる場合があり、配偶者や浮気相手が「脅迫されて署名したものだ」等と嘘の証言をし言い逃れをする可能性もある為、こちらも同様にあくまでも1つの証拠と考え他の決定的な証拠

4. 浮気を認めた内容の署名 配偶者や浮気相手が浮気したことを認めた内容の署名も証拠となります。署名の内容としては、実際に不貞行為が行われていた期間や、不貞行為の回数、不貞行為が行われていた場所等が明記されており、捺印の入ったものが有効な証拠となります。ただし、ここで注意しておきたいことは「3」でも述べたように脅迫等行い強要したものは裁判で無効となる場合があり、配偶者や浮気相手が「脅迫されて署名したものだ」等と嘘の証言をし言い逃れをする可能性もある為、こちらも同様にあくまでも1つの証拠と考え他の決定的な証拠も取っておく必要があると言えるでしょう。

LINEやメールの内容は証拠として有効?

近年、探偵に浮気調査を依頼されるお客様に多いケースは「旦那や妻のLINEやメール怪しい内容のものがある」と言った経緯から浮気調査を依頼されるお客様に多いです。ここではLINEやメールの内容は裁判や慰謝料請求に対し有効な証拠となるのかを紹介します。例えば、配偶者のLINEやメールに「昨日は楽しかった!」「また会いたいよ♡」「昨日の夜は気持ちよかったよ」等と明らかに浮気が行われていたであろう内容のLINEやメールであっても、それだけの証拠では裁判や慰謝料請求を行う為の証拠としては弱い場合があります。何故ならLINEやメールは「言葉のあや」「間違って送られてきたものだ」「実際には浮気はしていない」等と言い逃れをされてしまう可能性があるからです。ですが、あくまでもLINEやメールの内容だけでは証拠として弱いのであり、他の証拠と組み合わせる事でより強い証拠となります。ですので怪しい内容のLINEやメールは携帯やカメラで写真を撮り、証拠として残しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする