浮気調査・不倫調査
浮気調査・不倫調査

宮城県内及び仙台市の信頼と実績が物語る
浮気・不倫調査

宮城県内及び仙台市の
信頼と実績が物語る
浮気・不倫調査

あなたのお悩みは?

  • 浮気されているかも…
  • 慰謝料を請求したい…
  • 浮気相手と別れて欲しい…

宮城県内・地域密着型の浮気調査

  • お客様満足度第1位
  • 地域最安値の浮気調査
  • 決定的な証拠収集

東日本総合探偵事務所の浮気調査について

浮気調査・不倫調査

東日本総合探偵事務所で最も取り扱いの多い調査が、浮気調査です。
浮気調査では、浮気や不倫で傷ついてしまったお客様の不安を早急に真の解決へ導けるようにサポート致します。
パートナーの行動パターンを分析した的確な調査方法を用いており、ご依頼を頂いた際に無駄な調査を省いております。浮気や不倫の心理学や調停や裁判でも利用可能な法律知識を身につけた専任の相談員が、あなたをサポート致します。

浮気・不倫の兆候

浮気や不倫を事前に察知することで、ご自分の未来と真剣に向き合うことができます。
あなたの配偶者や恋人に、これら浮気・不倫の兆候は見られませんか?

  • 携帯電話にロックがされている。
  • 隠れて、メール(ライン)や電話をしている。
  • トイレに行く時も携帯を持っていく。
  • 残業で帰りが遅くなる事が増えた。
  • 仕事終わりに会社の同僚と飲みに行く事が増えた。
  • 外出や外泊する事が増えた。

浮気・不倫調査についての知識

浮気や不倫についての知識を身につけることで、相手との関係を修復する場合や浮気夫や浮気妻に裏切られたとしても毅然とした対応が可能です。
キスや手を繋ぐだけでは…証拠にはなりません!

配偶者や恋人が浮気や不倫をしているのではないかと疑問に思っていても、異性と電話やメール、LINEなど実際に会っていたと言うことだけでは浮気、不倫の証拠にはなりません。
親密な関係に思えるキスや抱擁なども浮気を立証させることは難しいのです。
浮気・不倫を立証させるには不貞行為(肉体関係)の証拠を掴むことが最も重要です。

不貞行為とは?
配偶者や恋人のどちらか一方がそれら以外の異性と肉体関係を持ったことです。
離婚したい場合、慰謝料請求や裁判、調停での有利な材料、証拠となります。

不貞行為は民法で定める離婚自由の一つとして法律で認められており、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき


浮気・不倫調査の流れ

1

浮気でお悩みなら一人で悩まず、まずはお気軽に当社までご相談下さい。

・相談・お問い合わせ 24時間365日受け付け
・急を要する当日の調査も対応致します
・調査プランお見積り無料作成
・地域密着型探偵事務所だから「安心の無料出張面談」も可能

0120-540-769
お気軽に当社までご相談下さい

2

調査員の確かな技術と、細心の注意を払った調査で証拠を押さえます。

・経験豊富な調査員が高い技術と知識と駆使し対象者の浮気・不倫の証拠を確実に収集します。

・当社独自の「リアルタイム報告システム」を活用すれば逐一、最新の調査状況を確認できます。

調査員の確かな技術と、細心の注意を払った調査

3

調査結果も相談員から分かりやすく説明、今後のアドバイスもさせて頂きます。

・当社作成の調査報告書は対象者は勿論、接触者の鮮明な顔写真を添付します。
・対象者の行動経路や時間、入店した店名まで詳細に記入。
・証拠映像のDVDやデータをご希望であればお申し付け下さい。
・調査結果を分かりやすく説明文で記載。
・当社で作成した調査報告書は裁判での有効資料として提出可能。

調査結果も相談員より分かりやすく説明

CASE1

依頼内容

浮気が疑わしい旦那のスマートフォンをチェックしたところ知らない女性と親密にLINEをしていたことが発覚した。

依頼者:仙台市在住女性(32歳)/ 対象者:旦那(36歳)/ 調査期間:3週間
調査プラン:実働20時間パック / 調査料金:¥200,000

浮気調査

依頼解決までの流れ


相談

ご依頼者様から旦那さんの浮気についてのお話を直接伺いました。
・対象者は平日、仕事が忙しく浮気に及ぶのは休日である可能性が高いということ。
・対象者は普段は車両での移動がメインであるということ。
・浮気相手とのLINEの内容からラブホテルを利用する可能性が高いということ。
※お伺いした内容から調査方法や調査プランをご提案させて頂きました。

事前調査

まず、不必要な調査を省いて調査時間を限定するために休日に当社独自の高性能GPSを利用して対象車両の行動を監視することをご提案させて頂きました。後日、監視した分析結果をご依頼者様にお伝えして、本調査を開始させて頂きます。

本調査

浮気相手と接触する事が推測された対象者の休日に行動調査を開始。対象者がご依頼者様には「パチンコ店に行ってくる」という申告をした後、ご自宅から出てきた対象者の尾行を開始した。対象者はパチンコ店には寄らずに仙台駅にあるロータリーで車両を停止させて、駅から現れた浮気相手女性を車で迎える姿を現認した。その後、浮気相手の女性とデートを行う姿を現認しました。

撮影ポイント

・仙台市内にあるショッピングセンター
・仙台市内にあるレストラン
・仙台市内にある繁華街でデート
・仙台市内にあるラブホテル

調査結果

調査員はラブホテルに入る二人の姿の撮影に成功する。
後日、裁判で有利になる計3回の不貞行為の撮影と女性の名前、勤務先、を特定し、報告書を作成してご依頼者様にお渡し、今後どのように対応して、どのように対処すべきかどうかをお話したところご依頼者様は浮気相手に慰謝料請求をして、旦那様を問い詰めたいという事でした。お伺いした要望から経験豊富な相談員が今後についての対応をアドバイスさせて頂き、特定した浮気相手の女性から200万円の慰謝料請求を成立して、現在はもう二度と浮気をしないという条件で旦那様と一緒に生活しておれます。

CASE2

依頼内容

以前に妻が浮気をしている事が発覚し浮気相手と別れさせたが、今でも連絡を取っている様子です。浮気相手の男性に慰謝料請求したい。

依頼者:仙台市在住男性(34歳) / 対象者:妻(31歳) / 調査期間:1ヶ月
調査プラン:実働30時間パック / 調査料金:¥270,000

浮気調査

調査内容

対象者は専業主婦とのことで自宅前での張り込みを開始する。調査開始から1週間は特に変わった行動は見られなかった。調査開始から10日後、自宅から出てきたのを確認し尾行を開始する。自宅付近のコンビニに向かい、男性が乗車している車へと乗り込む姿を確認する。その後、車は移動し市内にあるラブホテルに駐車。二人がホテルへと入る姿の撮影に成功する。その後の調査から複数回の不貞行為の証拠と男性の住所、氏名、年齢、職場の特定に成功する。調査結果報告後、依頼者様が離婚を望まれており、弁護士を紹介してほしいとのことで、弁護士を紹介している。現在は弁護士を通して、浮気相手の男性に対しての慰謝料請求と離婚の両面が成立している。

浮気調査のアフターフォロー

弁護士の紹介

東日本総合探偵事務所では調査完了後に調停や裁判をお考えのお客様の為に、弁護士の紹介もさせて頂いております。また、調査報告時にお渡しします調査報告書は調停や裁判での有効な資料となりますのでご活用下さい。

相談員からのアドバイス・コメント

調査完了後も弊社ではお客様へのアフターフォローに無料で努めさせて頂きます。お客様自身、今後どのように調査結果の内容と向き合えば良いのか、多々不安な所があるかと思います。弊社の相談員がお客様へ今後のアドバイスをさせて頂きます。また調停や裁判が必要であれば、弁護士の紹介もさせて頂いております。

探偵の離婚しない慰謝料請求

東日本総合探偵事務所では、
「離婚しないで慰謝料請求は出来るの?」という
相談が多数寄せられています。

※離婚しない場合でも慰謝料請求が可能です。

条件① 不貞行為がある

まず、不貞行為があったかを証明する必要があります。
現場を目撃しただけでは慰謝料請求はできませんので請求するには例えばホテルの出入りの証拠写真などが主な証拠になります。

条件② 浮気相手が夫/妻を既婚者と知っていたか?

不倫関係がスタートした際に既婚者と知らなかった場合は慰謝料請求ができませんが、分かった上で関係を続けていた場合は請求できます。ポイントとしては浮気相手が故意・過失があって肉体関係を持ったが大事になります。

条件③ 夫婦関係が破綻していないか?

破綻している中浮気していた場合は、破綻のせいなので慰謝料請求はできませんが、破綻していない場合での浮気は慰謝料請求できます。

慰謝料請求のやり方について紹介します。

① 示談交渉をする
② 裁判所の力を借りる

証拠の活用方法について東日本総合探偵事務所コメント

証拠の活用方法について
東日本総合探偵事務所
コメント

弊社は、慰謝料請求をする、慰謝料請求をしないに係らず、証拠をどのように活用すればベストなのかどうかを一緒にご検討致します。

浮気に対し慰謝料請求する場合

慰謝料を請求することにより、配偶者や浮気相手に自覚させ、浮気の再発を未然に防止することや探偵依頼料としても活用できる。


浮気に対し慰謝料請求を行わない場合

子供や家族の事を考えて、慰謝料請求をしたくないという場合でも浮気の証拠を今後の交渉材料や予防策として誓約書を作成するなど浮気再発の際は高額な慰謝料請求が可能になります。

浮気調査の費用や調査方法についてはコチラ

まずは、お気軽にお問合せ下さい。

0120-540-769 メールでのお問合せ LINE

(株)ONESERVICEMEMBER
東日本総合探偵事務所

【本社営業所】
〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院2-1-61
タカノボルビル第5ビル

宮城県公安委員会  第22180042号

  • 警察庁
  • 国家公安委員会
  • 法テラス
  • 国民生活センター
  • 日本弁護士連合会
  • TEL:0120-540-769
  • Line