盗聴発見調査
盗聴発見調査

盗聴発見調査

Point① 盗聴が考えられる兆候

 
盗聴発見調査

盗聴には証拠収集をする、興味本位で行う、有益な情報を得る、などといった目的があります。盗聴することによって、さまざまな情報を得る事が出来ます。例えば、浮気などの証拠収集、コンサート会場でのライブの音源、社外秘の情報、などがあげられます。 盗聴器の設置個所は、会社オフィス、自宅、学校、ラブホテルなどがあげられます。

  • 引っ越した家に元々あった電化製品や電源タップを使用している。
  • いつの間にか身に覚えのない電源タップがある。
  • 固定電話やテレビにノイズが入る。
  • 不審な車両がいつも自宅近くに停車している。
  • 最近、人の出入りが激しい。
  • なぜか自分の行動を友人・知人が把握している。
  • 社外秘の情報を他人が知っている。
  • ぬいぐるみを知人から貰った。
  • 元恋人にストーカーされている。
  • 家にある物の配置が変わった気がする。
  • 急に客先から商談を断られた。
  • 自社から出そうとした商品と類似のものが相次いで他社から発売されている。
  • 妻が私の浮気を疑っている。
  • 監視されている気がする。

Point② 盗聴発見調査についての知識

Point②
盗聴発見調査についての知識

 
盗聴発見調査

盗聴器は盗聴に使用される機器ですが、最近では一般的には出回ることもある身近なものとなって来ております。
他人のプライバシーを盗聴し、個人のプライバシー侵害に利用されたり、悪質な嫌がらせ行為のために盗聴器を仕掛けるケースがあります。


Point③ 盗聴発見調査の事例

CASE1

依頼内容

夜中に自宅に侵入して、私に嫌がらせ行為をおこなう人物がおり、もしかしたら盗聴器を仕掛けているかもしれない。盗聴器発見調査をお願いしたい。

依頼者:仙台市在住(55歳)/ 対象者:不明/ 調査期間:3週間
調査料金:¥40,000

盗聴被害

調査内容

対象者の行動を監視することと、当社独自の情報網から身元の調査をご提案する。
調査の結果、対象者は仙台市内にある某指定暴力団の事務所を出入りする姿を確認できた。
その後、身元調査から某指定暴力団であることが発覚し、ご依頼者様に報告を入れて調査を終了とする。

盗聴発見調査の費用例

平均調査料金
100,000円~300,000円

Point④ 盗聴発見調査のアフターフォロー

Point④
盗聴発見調査のアフターフォロー

盗聴器を発見し被害届を出したい場合、様々な証拠が必要になります。盗聴器を発見しただけでは、警察は動いてはくれません。しかし、証拠を揃えることが出来れば犯人逮捕へと繋げることができます。お客様に心当たりがあれば、それらの情報を基に証拠収集を行うことが可能です。ストーカー等の被害でお悩みの場合は、別途、今後の対応をご相談させていただきます。

東日本総合探偵事務所はご相談から調査完了までではありません!
本当の意味でお悩みが解決するまでサポートケアをさせて頂きます。

まずは、御気軽にお問合せ下さい。

0120-540-769 メールでのお問合せ LINE

(株)ONESERVICEMEMBER
東日本総合探偵事務所

【本社営業所】
〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院2-1-61
タカノボルビル第5ビル

宮城県公安委員会  第22180042号

  • 警察庁
  • 国家公安委員会
  • 法テラス
  • 国民生活センター
  • 日本弁護士連合会